デリヘル情報なら18禁ニュース デリLOVE
サイトについて

18禁ニュース デリLOVEではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。
また、当サイトで扱っている情報につきましては、入念に調べたリサーチした個人的意見や視聴者からの体験談を元に掲載しておりますが、
情報に対して一切の責任を負うことはできませんので予めご了承ください。
サイト内の情報を利用し受けた損害・損失についても一切の責任を負いかねますのでご自身の判断で閲覧・ご利用頂きますようお願い致します。

最新デリヘル記事

日本とはまた異なるヨーロッパの風俗事情

ライトだけど多様なヨーロッパの風俗

風俗といえば日本といった印象を持っている人は、少なくないことでしょう。
世界に名だたる「エロ大国」「変態大国」などとも称されるわが国では
全国至るところに風俗が点在しており、多種多様な性癖に対応しています。
世界的に見ても、恋人や人生の伴侶を持つ人が少ないことも理由となり
多くの男性の寂しさを紛らわす存在として重宝されています。

ですが、確かにそういったイメージはあてはまるものの、日本固有の文化であるかといえば決してそうでもありません。
海外にも風俗の栄えた町は存在し、独自の文化が継承され続けています。
ヨーロッパは、中でも歴史や文化が特徴的であり、各地域外からは風俗を楽しみに旅行しに来る人も多いほどです。
ヨーロッパにおける風俗の魅力、ご紹介します。

代表的なヨーロッパの風俗

たとえばオランダには、「飾り窓地区」という日本では聞きなれないエリアがあります。
ここは日本でいうところの覗き部屋に近い風俗エリアとなっており
マジックミラー越しに女性を吟味して、お気に入りを探すといった楽しみ方をします。
気に入った女性がいれば、自らプレイや料金を交渉し、まとまったらその窓の中で合法的な売春ができるというものです。
オランダ系からスペイン系、アジア、アフリカ系などさまざまな人種の女性が入り混じっており
世界的に認められている場所であることが窺えます。
歴史は古く13世紀に始まるとさえいわれており
その文化を紹介する博物館が今なお人気の観光スポットとして知られているほどです。
相場は7,000~12,000円ほどで、同じく本番ができる日本のソープと比べれば比較的手ごろに感じられます。
コンドーム必須、定期的な性病検査の義務付け、
さらには国家公務員として勤務できるといった背景もあり、安全性についても魅力的です。

ドイツならFKKが人気

もう一点、人気の風俗にドイツのFKKが挙げられます。
FKKと書いて「エフカーカー」と読みます。
日本でいうところのサウナランドと売春宿が一体化したような風俗になっており
こちらもまた世界的に人気でドイツ国外からも多くの観光客が訪れます。
一大テーマパークのような雰囲気も漂い、プレイ代以前に入場料を払う独特のスポットとなっています。
相場は5,000~7,000円程で、プレイ代については別途値段交渉する形となります。
バーやプールなどのエッチ以外で楽しめるスペースも充実し、ドイツ観光の一環として最適な魅力が感じられます。